ブログの目的

淡々と過ぎる日々が記憶の底に沈んでしまわぬよう、栞を挟む

 

このブログの目的は3つある。

1つ目:心覚え

ここ数ヶ月、個人的に新しいことを経験する事が多く、得た知識や閃きを忘れてしまうことが多々あった。そこで、備忘録的な意味も込めてこのブログを開設した。

 

2つ目:趣味や知見の共有

私の日々の些細な楽しみである、音楽や読書、遊びや、仕事から得た知見など少しずつ紹介し、他者と共有することも目的としている。

皆様の琴線に触れるものがあると幸甚です。

 

3つ目:私の能力の向上(読者の皆様には特に関係はないが)

私はまとめるということが苦手で、やったらやりっぱなしということが多かった。そのため、日々をまとめるという行為をもって、苦手を克服したいと考えている。また、貧相な文章構成力を伸ばし、継続力を身につけるという意味でも日記は最適だと考えている。

 

以上がブログを開設しようと考えた理由である。

ようするに、俺は趣味、適当に思いついたこと、勉強して面白かったこととかを書いて楽しいし、読んだ人がへーそんなのもあるんだって豆知識得たりするのハッピーやん?

 

今日はこのブログのテーマとなった忘却についてまとめることにする。

人間の記憶について有名なのはエビングハウス忘却曲線

f:id:kyampas:20170714011534p:plain

記憶の定着と学習後の日数には反比例に近い関係(この場合、横軸がリニアではなく対数に近いので、正確には反比例とは言えないが)があり、驚くべきことに人間は学習の20分後には約4割を忘れているという。

この曲線を初めて見た時、正直私はゾッとした。覚えておきたいことがこんなにも早く記憶から消えてしまうのか。そして、思った。人間は、メモを取らないとダメだ。

 

皆様におかれましては、必要なことは必ずメモを取るよう提案致します。

 

以上。